知のサッカー

メニュー
2011年の第1巻発売から累計で6,000本を突破した「知のサッカー」。シリーズ待望の第3巻が登場。知のサッカー3巻 販売開始!
ご注文はこちらから
シリーズ待望の第3巻が登場。知のサッカー3巻 販売開始!
ご注文はこちらから

知のサッカーとは?

90分の試合中、選手がボールに触っているのは2~3分。それ以外の87分は、ボールを持たない(オフ・ザ・ボール)時間です。 90分の試合中、選手がボールに触っているのは2~3分。それ以外の87分は、ボールを持たない(オフ・ザ・ボール)時間です。

ボールを持っている短い時間(オン・ザ・ボール)で高いパフォーマンスを発揮するには、高い技術を身に付けるだけでなく、身体の向きや仲間との連携など、チームの戦術を理解した上でのオフ・ザ・ボールの動きの質の向上が不可欠です。

では、オフ・ザ・ボールの動きを改善するためには、どうすればよいのでしょうか?

そのためには、選手自身が周囲の情報を常に収集し、自らで考え、絶えず判断してプレーしなければなりません。これは、一流のサッカー選手になるために必要な「インテリジェンス」です。しかし、フィジカルやテクニックを鍛える教材は多くありますが、選手の戦術理解や判断力を鍛えるトレーニングメソッドは、あまり多くありません。

「知のサッカー」とは、選手の「インテリジェンス」を高めるために作られたトレーニングDVD教材です。指導者が正解を教えるのではなく、選手自らに「考えさせ、実行させる」ことを目的としています。

これまでに、のべ7,000人以上の指導者や選手たちが「知のサッカー」で学んでいます。次はあなたが、この「知のサッカー」を使って、チームや選手の「インテリジェンス」を高めてください。

知のサッカーのトレーニングメソッド 知のサッカーのトレーニングメソッド


「知のサッカー」を監修しているのは、欧州ビッグクラブのカンテラ(育成組織)や、世界各国において多くの選手や指導者を育ててきた、世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」です。彼らが、その長年の経験から開発した指導法「エコノメソッド」をもとに、日本の選手や指導者が持つ課題に合わせて制作されたのが「知のサッカー」です。

チームや選手の「インテリジェンス」を高めるために必要なこと。
それは、「サッカーの原理原則」を理解すること。

サッカーサービスでは、「サッカーの原理原則」とするポイントを3つ設定しています。

「認知」自分の周りで何が起こっているのか把握する。「判断」チームにとって、今すべき最適な判断をする。「実行」ボールを蹴る、アクションを起こす。 「認知」自分の周りで何が起こっているのか把握する。「判断」チームにとって、今すべき最適な判断をする。「実行」ボールを蹴る、アクションを起こす。

なぜ、この3つの原理原則が必要なのでしょうか? なぜ、この3つの原理原則が必要なのでしょうか?

『実行』だけでは、質の高い選手にはなれない

多くのチームはボールを蹴る(実行)などのトレーニングは熱心におこないますが、相手や味方、スペースなどを観て(認知)、いつ、どこへ、どう動くか(判断)のトレーニングに割く時間は、それほど多くはありません。しかし、身に付けたテクニックを効果的に発揮するためにも、サッカーサービスでは「認知」「判断」を含んだトレーニングを重視しています。

例えば、パスを出すことは誰にでもできます。しかし、いいパスを出すことのできる選手はそれほど多くはありません。
選手や指導者は、どのパスが本当にいいパスか、質の高いパスかを考える必要があります。
質の高い選手とは、状況に応じて誰にパスを出せばいいかベストの選択ができる選手です。
大切なのは、「いつ」「どこで」「どのタイミングで」「誰に」出すのかを、選手が自ら判断し選択するということなのです。

それは、テクニックだけのトレーニングで身につけるのは難しい部分です。戦術を含んだ試合の状況に近いトレーニングをして、しっかりと学ぶことが重要です。そのために開発されたのが「エコノメソッド」です。

サッカーサービスの指導メソッド サッカーサービスの指導メソッド


Step.1
ノルマ(条件)を設定する ノルマ(条件)を設定する

指導者は、まずトレーニングのコンセプトを明確にします。そして、そのコンセプトがトレーニングに現れるように、ノルマ(条件)を設定することが大切です。
選手たちは与えられたノルマのもと、トレーニングの中で、正しい解決策(判断)を探す必要に迫られます。

Step.2
選手に質問を行う 選手に質問を行う

指導者は、選手に学習させたいプレーコンセプトに選手が辿りつけるよう、いくつかの質問を行います。
選手への質問を通して、どのプレーが良いプレーなのかということを、選手自らが発見していくプロセスが大切なのです。

Step.3
プレーを理解させる プレーを理解させる

指導者は、選手たちがプレーを通して発見した解決策に対して「なぜ正しいのか?」その理由について証明することが大切です。
選手たちは「なぜ」を理解することで、サッカーの基本を知ることとなります。


学習させたいシーンを意図的にトレーニングで作り出し、選手へ質問をなげかけ、選手に考えさせることでトレーニング効果を上げます。

また、選手に質問を投げかけることで、彼ら自身で問題を解決する状況を作り、ピッチ内・外に関わらず、いかなる時も自らが考え、判断をしていくという行動を刺激することができると考えています。

このように頭に働きかけるトレーニングを実践することで、選手の判断の質を向上させ、「認知」「判断」「実行」におけるサッカーの原理原則を指導しています。

「知のサッカー」シリーズは、
あなたのチームや選手の課題に合わせて
選ぶことができます。

あなたのチームや選手の課題はなんですか?

  • 攻守の切り替えボールの奪い合いなど、守備のトレーニング法を知りたい方攻守の切り替えボールの奪い合いなど、守備のトレーニング法を知りたい方
  • 試合中にどこを見て、どう判断すればよいのかを学びたい方試合中にどこを見て、どう判断すればよいのかを学びたい方
  • エコのメソッドのトレーニングをチームに導入したい方エコのメソッドのトレーニングをチームに導入したい方

知のサッカー第3巻

サッカーの守備において
"いつ"、"何を"観るべきか
選手に指導できていますか?

日本サッカーの課題である「守備時の認知」とは?
8歳から18歳までに指導すべき守備の原理原則と、
個人からポジション別まで28の練習メニューを紹介。

こんな悩みをお持ちの方におすすめです こんな悩みをお持ちの方におすすめです

  • ●選手個人の判断ミスで失点することが多い
  • ●ディフェンスラインが簡単に裏をとられてしまう
  • ●プレスをかける判断がチーム内でバラバラ
  • ●チームの「攻守の切り替え」が遅い
  • ●ポジションごとまで細かく守備の指導を行えていない
  • ●ジュニア年代での守備の指導法が分からない

攻守の切り替え、ボールの奪い方などの守備戦術を、あなたはどのように指導していますか?
「知のサッカー第3巻」は、日本サッカー協会のコンサルティングプロジェクトディレクターも務め、JFAアカデミー福島で指導してきたサッカーサービスが、その経験から、日本人選手にあった守備戦術のトレーニング法を徹底解説します。

詳しくはこちら詳しくはこちら

知のサッカー第2巻

サッカー選手が、
「13歳までに」覚えておくこと

サッカーのあらゆる局面において
「正しい判断」 「正しい動き」とは何か?
Jリーグの試合映像をもとに、128のプレーを徹底解説!

こんな人にオススメします

  • ●テクニックはあるのに試合で活躍できない
  • ●身体が小さくフィジカルが弱い
  • ●年次が上がって伸び悩んでいる
  • ●オフ・ザ・ボールの動きを改善したい
  • ●プロやトレセンを目指している
  • ●サッカー経験がなく子どもにお手本が見せられない保護者の方

「知のサッカー2巻」では、Jリーグの試合映像をもとに、実際の試合で起こりうるシチュエーションでの「正しい判断」と「正しい動き」を解説しています。オフ・ザ・ボールの動きを具体的に学びたい選手にオススメです。
さまざまな世界的選手をコンサルティングしてきたサッカーサービスのコーチ陣が、選手が観てもすぐに取り入れられるよう、わかりやすく解説しています。
「良い例」「改善の余地のある例」の比較もあるので、家庭やチームで戦術についてのディスカッションをすることもできるでしょう。

写真
写真
詳しくはこちら詳しくはこちら

知のサッカー第1巻

「正解を教える」のではなく、
選手に「考えさせる」指導法。

6歳~12歳までの頭の成長に応じた指導計画や、
選手のインテリジェンスを高める32の練習メニューを紹介。

こんな人にオススメします

  • ●試合中でも自ら判断できる賢い選手を育てたい
  • ●チームのオフ・ザ・ボールの動きを向上させたい
  • ●攻守の切り替えなど、チーム全体のスピードをアップしたい
  • ●より強度の高いトレーニングメニューを求めている
  • ●スペインのサッカー指導に興味がある

選手を「フィジカルの差」ではなく、「サッカーの理解度」で分ける年代別トレーニング法。
サッカーサービスがその長年の経験から開発した、選手の「インテリジェンス」を高めるために作られたトレーニングメニュー集です。

攻撃・守備・チームプレーなど32のテーマに沿って、選手の「認知力」や「判断力」を鍛えるための、実際の試合に近い状態で行うトレーニングを紹介しています。

写真
写真
詳しくはこちら詳しくはこちら
お得なセット販売もございますお得なセット販売もございます