【公式】ザ・サッカーアナリティクス-欧州の育成大国に学ぶ「勝つため」のゲーム分析メソッド

イースリーショップ

イースリーショップ

93のサッカー指導者が「使ってみたい」と回答!

※2016年4月に全国で開催した指導者向けセミナー(239名参加)にて、参加した指導者のうち93.3%がThe Soccer Analyticsのゲーム分析メソッドを使ってみたいと回答。

選手権優勝校や全少出場チームの監督など続々と利用者の声が届いています!

  • 指導者の考えを選手が容易に理解できるようになりました
  • ハーフタイムの指示やトレーニングの組み立てに活用しています
  • 分析なくして質の高いトレーニングはできません
  • U-12の選手にも伝えやすく重宝しています
  • 日本では過小評価されていますが重要な部分です

他のご利用者様の声を読む

ゲーム分析は指導者の必須条件

M-T-M

ヨーロッパでは、グラスルーツの指導者ライセンスでも「ゲーム分析」ができることは合格の必須条件です。
なぜなら日本でも浸透しつつあるM-T-M(マッチ-トレーニング-マッチ)のように【試合→ゲーム分析→サッカーの問題の結論→トレーニングの作成・実践→試合】というサッカーを指導するワークフローにおいて、ゲーム分析はその根幹をなすテーマだからです。
どこかの強豪、有名チームがやっているという理由でトレーニングを真似しても、試合で見つかった問題点を改善できるとは限りません。

曖昧な分析では「サッカーの問題」
解決できない

試合中、チームのプレーはうまくいっているのか? 攻撃は? 守備は? 現場の指導者にとって、現状を的確に把握することはとても重要です。
「何かおかしい」「調子が悪い」「気合いが足りない」「集中していない」・・・・・・。
当たり前ですが、曖昧な問題を口にするだけでは解決になりません。

「サッカーの問題」を解決するには、サッカーを分析する必要があります。

そして、問題の正体を突き止めるためには、指導者自身がサッカーを適正に評価する基準を持つ必要があります。
しかし、日本の指導者養成において、これまできちんと体系立てられたゲーム分析メソッドが存在しませんでした。

必要なのはペンとノートを用意するだけ

そこで我々が提案するのが「ザ・サッカーアナリティクス」です。

ヨハン・クライフを生んだAFCアヤックスでユース年代専属アナリストを務めた後、現在はオランダ代表U-13、U-14、U-15の専属アナリストを務める白井裕之氏が監修。オランダサッカー協会(KNVB)が推奨するゲーム分析理論をベースに、白井氏が日本の指導者向けに改良を加え、「サッカーの観方」「サッカーの分析方法」を体系化した新しいゲーム分析メソッドです。
この方法は、非常にシンプルで効果的なものです。ペンとノートを用意するだけで、いつでもゲーム分析を行うことが可能になります。
これまでのような個人の経験やサッカー観に頼った分析方法ではなく、トップレベルでの選手経験がない、またはプレー経験自体が乏しい指導者でも取り入れることができます。

あなたが「ザ・サッカーアナリティクス」を学ぶと…

  • 漠然としていたサッカーの見方を整理できる
  • 主観ではなく客観かつ論理的にゲームを分析できる
  • 選手・チームの問題が明確になる(成長度においても)
  • 今まで見えなかった問題・成長度も発見できる
  • 選手に対して問題・成長度をロジカルに説明できる
  • M-T-Mを効果的に実践できる
  • 正しい問題解決を行うことでチームを勝利に導く

このようなメリットがあります。

育成大国オランダで手腕を発揮する
日本人アナリスト 白井裕之氏

1977年愛知県生まれ。18歳から指導者を始める。
24歳でオランダに渡り複数のアマチュアクラブで監督を経験。2011/2012シーズンから、AFCアヤックスのアマチュアチームにアシスタントコーチ、ゲーム・ビデオ分析担当者として入団し、その後、2013/2014シーズンからアヤックス育成アカデミーのユース年代専属アナリストを務めた。現在は同クラブのワールドコーチングスタッフとして海外選手のスカウティングを担当している。
またその分析スキルはオランダ国内で高く評価されており、2016年10月からオランダ代表U-13、U-14、U-15の専属アナリストも務めている。
オランダサッカー協会指導者ライセンスTrainer/coach 3,2(UEFA C,B)を取得。

【メディア掲載実績】
白井氏のゲーム分析メソッドは様々なメディアに注目されています!

メディア掲載実績

なぜ、オランダの理論をベースとするのか?

それには理由があります。
オランダの人口は約1,600万人(日本の約8分の1)、九州と同じくらいの小さい国土でありながら、ヨハン・クライフをはじめ、ベルカンプ、クライファート、ロベン、デパイといった世界的な名選手を継続的に輩出し、数多くの優秀な指導者を養成してきました。
少ない人口と狭い国土でありながら、サッカーの育成大国としての地位を高めてきた背景には、長年積み上げてきたオランダ人の知恵と誰にとっても明快で合理的な「サッカーの型」と「分析方法を含めた指導者育成」が存在するからです。
いまや世界の強豪国として知られるスペイン、ドイツ、ベルギーといった国々もオランダの考えをベースに取り入れてきました。

ザ・サッカーアナリティクス 
利用者の声

浜嶋 淳郎
▲白井裕之氏(左)と浜嶋監督(右)

2回目の全国大会出場を決めました!

浜嶋 淳郎さん

栃木SCユース
第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会出場

白井さんのゲーム分析理論を導入して、チームの目的と原則を設定し、選手とピッチで表現できるようにチャレンジしてきました。そのおかげでプレーの優先順位を選手が理解してくれるようになり、各フィールドでの改善も非常にスムーズにできるようになってきたと実感しています。
クラブとして2回目の全国大会へ出場を決められたことも、白井さんやこのゲーム分析理論との出会いによるものが大きいと感じています。


大塚一朗

指導者の考えを選手が容易に理解できるようになりました

大塚一朗さん

富山第一高校
サッカー部監督第92回全国高校サッカー選手権大会 優勝

白井氏の分析論を聞かせていただき、自身のサッカー観について整理をすることができました。自チームのゲームを振り返った際に、我々の各フィールドにおけるプレーの目的や原則が選手にうまく落とし込めていないことが分かり、トレーニングにおいてフィードバックすることが容易になったと考えています。
また「サッカーの言葉」でゲームを理解することで我々の考えていることが、選手のゲーム理解を容易にすることができるようになったとも感じています。 白井氏からヨーロッパのゲーム分析に関する現状を聞き、我々の行っているものと大きく差があることにも驚かされました。
今後このような分析論が日本にも普及し、日本サッカーの発展につながっていくことを願っています。


米澤一成

ハーフタイムの指示やトレーニングの組み立てに活用しています

米澤一成さん

京都橘高等学校 サッカー部監督
第91回全国高校サッカー選手権大会 準優勝

新しい切り口で、非常に興味深いDVDだと第一印象で思いました。日本では、“分析”と一口で言っても指導者によって様々で、相手のセットプレーのスタイルや相手の選手が何処に動き出す事が多いかなどを主にやっているように感じます。
一方で、このDVDで紹介されているオランダの分析は、相手のオーガニゼーションで数的に有利になることや不利になることに着目し、フィロソフィーに基づいて、合理的に端的に分析していくのが特徴だと思います。精神論や切り替えの早さばかりに偏りがちな日本の分析ではなく、全てをサッカーの問題だと考え、解決していくオランダサッカーの分析を勉強できるDVDだと思います。
実際に京都橘高校では、ベンチでこのような分析を行いながら、ハーフタイムの指示に活かしたり、試合後のトレーニングを考えたりするときに役立てています。 白井氏の論理的で冷静な分析方法を日本に広めてもらうことは、日本のサッカー界の発展にも繋がっていくと思います。


内野智章

分析なくして質の高いトレーニングはできません

内野智章さん

興國高校 サッカー部監督
第94回全国高校サッカー選手権 大阪大会準優勝

「分析」は最も日本の指導に足りない部分なのではないかと思います。白井さんの言葉で印象に残っているのは「日本の育成年代のゲームを見て思うことは、何と戦ってるの?誰と戦ってるの?って思ってしまう」です。まさしく我々がスペイン遠征で感じたことです。
ビジャレアルなどスペインのチームと対戦すると、試合開始10分程度でこちらの力量を見極めメンバーを変えてきたり、戦い方を変えてきます。そして、日々の練習では試合で起こった現象を改善するためのトレーニングを行っています。分析なくして質の高いトレーニングはできません。しかし、日本には体系立てられた分析の枠組みがないため、何となく行ってきた指導者の方も多いのではないでしょうか。
私も独学で学んできましたが、あらためて白井さんのメソッドに触れることで整理することができました。ぜひ、指導の年代に関わらず多くの方にこの分析方法を知っていただきたいと思います。


寺尾 肇浩

U-12の選手にも伝えやすく重宝しています

寺尾 肇浩さん

鈴鹿工業高等専門学校 サッカー部
第48回全国高等専門学校サッカー選手権大会 準優勝

分析の見方、指針ができるためとてもわかりやすいです。それと各年代に対しての分析の見方についてもDVDの中で紹介されており、非常に参考になります。
私はユース年代以外にもU-12のチームアドバイザーもしているので、年代別の見方があることで選手にも伝えやすく重宝しています。
また実際のゲームを見ながらの解説が具体的にわかりやすく、選手に対してもプレーの原則などを伝えやすいのもよいですね。昨年はレイモンド・フェルハイエン氏、マルセル・ルーカセン氏の講習と、白井氏によるアドバイスを受けたおかげで高専の全国大会で準優勝できました。COACH UNITEDをはじめイースリーさんのおかげです。ありがとうございます。


須田 敏男

日本では過小評価されていますが重要な部分です

須田 敏男さん

グランセナ新潟FC 育成強化部長
第39回全日本少年サッカー大会 新潟県大会優勝

「分析をするには、まずはサッカーについて理解する必要がある」白井さんのレクチャーを受け、自分のサッカーに対する考え方、選手に伝える言葉の意味が曖昧であったと感じました。
そして、指導者間だけでなく選手との間でも概念や言葉を統一してスタートすることが重要であることも学びました。 オランダサッカー協会は、10年前からテクニックという言葉を使わなくなったそうです。
サッカーは、サッカーである。ドリブルやパスは、サッカーの目的を達成するための手段の一つでしかありません。日本は、この手段をフォーカスしすぎる傾向にあるように感じます。チームがフィールドで実践するプレーの方法、つまりプレーモデルという大枠があり、個人のテクニックは、大枠からズームインしていくという考えは、日本では過小評価されているのではないでしょうか。講習やDVDからこの方法を学ぶことができます。


為谷 洋介さん(U-18年代を指導)

チームが勝てない。その理由を掘り下げて考えることが難しく指導者として分析力の無さを痛感してDVDを購入しました。
チームの試合映像を見て課題を抽出した時、どこでそのミスが発生し、起こっているのかを選手に映像と一緒に確認しています。
今までのサッカーDVDとは切り口が違うので、私の現場改善にはとてもはまりました。


山﨑 勉さん(U-15年代を指導)

指導している中学生にサッカーの全体像を教えるのに役立つと思い購入しました。
選手のサッカーを分析する力を養うのに活用しています。
指導者が言葉で伝えるよりも映像で伝えることで選手にも説得力があると感じています。


角田 隼人さん(U-12年代を指導)

購入のきっかけはSNS上でザ・サッカーアナリティクスのサイトを拝見し、自分が行ってきた試合分析があまりにも曖昧で疎いものだったと実感したからです。
自チームのサッカースタイルの確立と試合の中での対戦相手の対応、また自チームの対応方法に役立てています。
選手たちと共有しながら取り組んでいることで選手の試合に対する意欲・対応力に大きな変化がみられたことが1番の収穫です。


B・Iさん(U-19年代以上を指導)

日本の指導者講習では、トレーニング作成を重要視してるのか、分析の必要性は唱えているのですが、ライセンス講習会では分析の方法論を伝えていないため購入しました。
試合でのポジションごとのプレーモデルに沿ったアクションの頻度、質を視るのに活用しています。
漠然としたアクションの質、量の判断が見やすくなりました。


J・Hさん(U-18年代を指導)

チームでフィルター分析を活用させていただいております。
指導者である自分自身がサッカーそのものを整理できたのはもちろんですが、なによりも選手と指導者、選手と選手の試合に勝つための会話が増えました。
選手達がフィールドごとのチームでの目的と原則を理解し初めたことがこの現象を生んでいると実感しております。
一回一回のトレーニングでも、どこのフィールドでのどんなトレーニングをしているのかを明確にトレーニングさせてもらっています。
具体的にはフィールド1から2への移行の部分で、フリーマンをフィールド1でどうやって、どのタイミングで作るのかなど、トレーニングの中身も今まで以上に明確になりました。

ザ・サッカーアナリティクス

~欧州の育成大国に学ぶ「勝つため」のゲーム分析メソッド~

2枚組 DVD、解説テキスト付き
DISC1:理論編・DISC2:実践編
監修/白井裕之 協力/ J-Dream、流通経済大学 制作/株式会社エム・ティ・プランニング 企画・発売元/株式会社イースリー
※書店、小売店での一般販売は行っておりません。

2分で分かるダイジェスト動画

まずはこちらをご覧ください。

DISC1:理論編目次

オープニング
The Soccer Analyticsの目標 
オランダに学ぶ理由 
ゲーム分析とは 
1.サッカーとは
オランダサッカー協会のフィロソフィー 
1-1.サッカーの定義 
1-2.サッカーの構造サッカーの目的
チームファンクション
チームタスク
チームオーガニゼーション
サッカーのアクション
1-3.サッカーの局面と流れ 
2.サッカーの戦い方
サッカーの言葉を統一する 
2-1.戦略とは 
2-2.プレーモデルとは 
2-3.戦術とは 
3.サッカーの観方
ゲーム分析の本質 
分析の種類 
3-1.ゲーム分析の目的 
3-2.ゲーム分析の対象年齢カテゴリーとカテゴリー目標
3-3.ゲーム分析の内容(1)チームオーガニゼーションの噛み合わせ
(2)前半・後半のゲームの全体像
(3)各チームファンクション
(4)サッカーの問題
3-4.ゲーム分析の方法噛み合わせチェック
フィルター分析(レベルⅠ~Ⅳ)
5W診断
3-5.ゲーム分析の手順準備>チームの目的と原則を設定する
実行>STEP1 目的の達成度を確認する
実行>STEP2 原則の実行レベルを確認する
実行>STEP3 5W診断で要因を明らかにする
結論>サッカーの問題やプレーモデルの成長を確認する
3-6.個人分析の方法ポジション
モーメント
方向
スピード
エンディング
DISC1の終わりに 

閉じる

DISC2:実践編目次

オープニング
DISC2の狙い 
1.ゲーム分析:攻撃編
分析の前提となるプレーモデル 
攻撃・ビルドアップ・フィールド1敵チームの守備の方法を見分ける
広く深くポジションを取る
数的優位な状況を作り出す
攻撃・ビルドアップ・フィールド2ボール回しのテンポを速くする
相手のFWとMF、MFとDFの間にフリーマンを作り出す
横パスより縦パスを狙う
攻撃・ビルドアップ・フィールド3広く深くポジションを取る
3人目の動きを作り出す
1対1の状況を作り出す
攻撃・得点する・フィールド3ゴール前のポジションを取る
プロアクティブに次の状況を予測する
チーム全体をコンパクトに保ちカウンターに備える
2.ゲーム分析
攻守の切り替え(攻撃→守備)
攻守の切り替え(攻撃→守備)・フィールド23秒ルールを実行する
チーム全体をコンパクトにする
3.ゲーム分析 守備編
攻守における分析の視点 
守備・ビルドアップの妨害・フィールド1敵チームのビルドアップの方法を見分ける
コンパクトに守備をする
数的優位な状況を作らせない
守備・ビルドアップの妨害・フィールド2コンパクトに守備をする
縦パスを阻止する
逆サイドへ展開させない
守備・ビルドアップの妨害・フィールド3コンパクトに守備をする
プロアクティブに守備をする
1対1を作らせない
守備・失点を防ぐ・フィールド3GKの指示を聞いて敵のプレーを限定する
ペナルティエリア内・付近ではマンマークする
4.ゲーム分析
攻守の切り替え(守備→攻撃)
攻守の切り替え(守備→攻撃)・フィールド2チェンジ・ゲームを行う
チーム全体をコンパクトにする
5.個人分析
ゲーム分析から個人分析へ 
サッカーのアクション(1)フリーランニング 
サッカーのアクション(2)トラップ 
サッカーのアクション(3) パス 
エンディング
日本サッカーへのメッセージ 

閉じる

今すぐ使える!

ゲーム分析ができるようになる
5ステップ

「ザ・サッカーアナリティクス」は2枚のDVDと別冊テキストで構成されています。DISC1(理論編)では、サッカーの定義、解釈から具体的な分析方法について解説し、DISC2(実践編)では、実際のゲーム映像を使用し、どのように 分析するか実例を交えながら解説します。

STEP1

サッカーとは何か?を整理する

サッカーを分析するためには、「サッカーとは何か」を定義し、サッカーを説明するための言葉を統一する必要があります。DISC1ではオランダサッカー協会の指導者育成コースでも採用される内容をベースにサッカーの定義、構造などについて詳しく解説しています。

STEP2

分析する年代の特徴を理解する

次に、ゲーム分析をする対象の選手は、何を・どこまで求めることが可能なのかを理解しておく必要があります。
そのため、あなたのチームの選手がどの年齢カテゴリーに属し、その年代の子どもたちに何が要求可能なのかU-7からU-19のカテゴリーまで解説します。

STEP3

ゲーム分析の手順を学ぶ

ここからは具体的にどのように分析を進めるのか、ゲーム分析の手順について解説していきます。

  • 噛み合わせチェック

    ゲーム分析のスタートは、システム(チームオーガニゼーション)の噛み合わせチェックです。試合中どのラインで数的優位や不利が発生するかを把握しておくことで試合の現象を予測することができます。

  • フィルター分析

    オランダサッカー協会が提唱するゲーム分析フレームをベースに、レベルIからIVまで指導者の理解度に応じて使える分析のフレームワークを4つご紹介します。
    いますぐ使えるベーシックなものからフィールドの位置、目的、原則といった概念(フィルター)を追加することでより精緻な分析が可能になります。

  • 5W診断

    フィルター分析によって特定された現象の要因を5W診断で明らかにします。「できなかったこと」は具体的なサッカーの問題として定義し、「できたこと」は成長度として評価します。

STEP4

個人の分析方法を学ぶ

ゲーム分析は主にチームレベルの分析を行いますが、この教材では、さらに「個人分析の方法」まで踏み込んで紹介しています。この分析により個人のサッカーのアクションの質を評価することが可能です。

STEP5

分析ノートの付け方など実践映像を見る

STEP4までの流れを、実際に分析ノートにスケッチする様子などを映像でも紹介しています。
また、DISC2では実際の試合を白井氏がリアルタイムで分析。攻撃、守備における全24シーンをピックアップし、試合映像を見ながら分析方法の理解を深めることができます。

さらに、実践で役立つ2つのトピックス

TOPICS1

さまざまな戦略事例を紹介!

ゲーム分析を行う上で自チームや相手がとる戦略を理解しておくことは重要です。この教材では、FCバルセロナやアヤックスも採用する「ゲームメイク戦略(ポジショナルプレー)」と、「カウンター戦略」について、どのような目的と原則が設定されているのか代表的な事例も紹介しています。

TOPICS2

メソッドの理解度を深める解説テキスト

DVDで紹介する分析メソッドについて詳しく解説した別冊のテキストが付属します。復習にご活用いただいたり、分析ポイントの確認など屋外に持ち歩いてご活用いただくことができます。
しかもA4サイズ28ページと納得のボリュームです。

この分析メソッドは

  • ジュニア年代など、どの指導カテゴリにも活用できます。
  • 特殊な環境や、専用の分析機材も必要ありません
  • 理論さえ理解すれば、あなたのサッカー経験も問いません
  • ビデオ分析やスカウティングにも活用できます

問題だけでなく成長度も正しく測る

サッカーの分析を行うときに気をつけて欲しいのが『間違い探し』にならないことです。分析とは「何がうまくいっていないか」だけでなく「何がうまくいっているか」を評価することでもあります。
「ザ・サッカーアナリティクス」は、うまくいっていることにも目を向けて、成長度、発展度を測ることでチームの成長に大きく寄与します。指導者は良い選手、悪い選手のレッテル張りのために存在しているのではなく、選手の未来をより良くするために存在しているからです。

ザ・サッカーアナリティクス

~欧州の育成大国に学ぶ「勝つため」のゲーム分析メソッド~

2枚組 DVD、解説テキスト付き
DISC1:理論編・DISC2:実践編
監修/白井裕之 協力/ J-Dream、流通経済大学 制作/株式会社エム・ティ・プランニング 企画・発売元/株式会社イースリー
※書店、小売店での一般販売は行っておりません。

DISC1:理論編目次

オープニング
The Soccer Analyticsの目標 
オランダに学ぶ理由 
ゲーム分析とは 
1.サッカーとは
オランダサッカー協会のフィロソフィー 
1-1.サッカーの定義 
1-2.サッカーの構造サッカーの目的
チームファンクション
チームタスク
チームオーガニゼーション
サッカーのアクション
1-3.サッカーの局面と流れ 
2.サッカーの戦い方
サッカーの言葉を統一する 
2-1.戦略とは 
2-2.プレーモデルとは 
2-3.戦術とは 
3.サッカーの観方
ゲーム分析の本質 
分析の種類 
3-1.ゲーム分析の目的 
3-2.ゲーム分析の対象年齢カテゴリーとカテゴリー目標
3-3.ゲーム分析の内容(1)チームオーガニゼーションの噛み合わせ
(2)前半・後半のゲームの全体像
(3)各チームファンクション
(4)サッカーの問題
3-4.ゲーム分析の方法噛み合わせチェック
フィルター分析(レベルⅠ~Ⅳ)
5W診断
3-5.ゲーム分析の手順準備>チームの目的と原則を設定する
実行>STEP1 目的の達成度を確認する
実行>STEP2 原則の実行レベルを確認する
実行>STEP3 5W診断で要因を明らかにする
結論>サッカーの問題やプレーモデルの成長を確認する
3-6.個人分析の方法ポジション
モーメント
方向
スピード
エンディング
DISC1の終わりに 

閉じる

DISC2:実践編目次

オープニング
DISC2の狙い 
1.ゲーム分析:攻撃編
分析の前提となるプレーモデル 
攻撃・ビルドアップ・フィールド1敵チームの守備の方法を見分ける
広く深くポジションを取る
数的優位な状況を作り出す
攻撃・ビルドアップ・フィールド2ボール回しのテンポを速くする
相手のFWとMF、MFとDFの間にフリーマンを作り出す
横パスより縦パスを狙う
攻撃・ビルドアップ・フィールド3広く深くポジションを取る
3人目の動きを作り出す
1対1の状況を作り出す
攻撃・得点する・フィールド3ゴール前のポジションを取る
プロアクティブに次の状況を予測する
チーム全体をコンパクトに保ちカウンターに備える
2.ゲーム分析
攻守の切り替え(攻撃→守備)
攻守の切り替え(攻撃→守備)・フィールド23秒ルールを実行する
チーム全体をコンパクトにする
3.ゲーム分析 守備編
攻守における分析の視点 
守備・ビルドアップの妨害・フィールド1敵チームのビルドアップの方法を見分ける
コンパクトに守備をする
数的優位な状況を作らせない
守備・ビルドアップの妨害・フィールド2コンパクトに守備をする
縦パスを阻止する
逆サイドへ展開させない
守備・ビルドアップの妨害・フィールド3コンパクトに守備をする
プロアクティブに守備をする
1対1を作らせない
守備・失点を防ぐ・フィールド3GKの指示を聞いて敵のプレーを限定する
ペナルティエリア内・付近ではマンマークする
4.ゲーム分析
攻守の切り替え(守備→攻撃)
攻守の切り替え(守備→攻撃)・フィールド2チェンジ・ゲームを行う
チーム全体をコンパクトにする
5.個人分析
ゲーム分析から個人分析へ 
サッカーのアクション(1)フリーランニング 
サッカーのアクション(2)トラップ 
サッカーのアクション(3) パス 
エンディング
日本サッカーへのメッセージ 

閉じる

さらに!

これ一冊で誰でも的確な分析が可能になる
オリジナルゲーム分析ノートがついに販売開始!

白井氏監修によるオリジナルの「ザ・サッカーアナリティクス」オリジナルゲーム分析ノートを販売中!

  • ◎試合の分析ポイントを順番に書き込める欄を予め設定
  • ◎ペンとこのノートさえあれば簡単にゲーム分析が可能に!

このノートを順番に埋めていくだけで、あなたも正確な分析が可能になります。

日本の指導者達へのメッセージ

~監修に至った背景や思い~

1つの発見から始まった独自の分析方法

2011年からアヤックスでビデオ分析の活動を始めた時に、日々の活動の中でオランダの指導者育成コースで学んだ基本的なゲーム分析方法では一般的で幅が広すぎて、最終的に詳細について確認するビデオ分析と合わせて利用するのは難しいと直ぐに壁にぶつかりました。

当時は、まだビデオ分析が始まったばかりで、クラブ内でもゲーム分析とビデオ分析を一緒にする体系化がされていませんでした。また、元プロ選手が大半を占めるアヤックスのアカデミーの指導スタッフは、分析する際に、彼らの経験と知識をもとにした主観的な分析方法が主でした。そこでは、直ぐに細かなディテイルについて説明し始めて、大変勉強になりましたが、プロ選手の経験が無い自分にとって、理解するのに大変苦労したのを覚えています。

また、この分析内容を選手に伝える際にも、従来のゲーム分析の方法では、幅が広すぎてしまい、スタッフと選手間での分析内容を伝える作業が円滑に進んでいない印象を受けました。
その背景には、元プロ選手の主観を基にした分析内容も合わさり、ディテイルについてのみ話されていたので、選手としては正解例を聞いているだけという印象で、何とか体系化をして、違う枠組みでゲーム分析とビデオ分析を一緒にして使いたいと考えるようになりました。

そこで、毎回の試合でスタッフから要求される分析内容を、テーマごと(チームファンクション)ごとにメモ用紙に記入して、自宅にある大きな戦術ボードに貼っていき、具体的にフィールドのどこについて要求されているのかを整理する作業を始めました。作業を進めていく内にある1つの事を発見します。それは、同じチームファンクション・タスクなのに、フィールド上のボールの位置に寄って要求(目的)されることが異なることを発見しました。その要求を達成する為には、チームとしてその状況を見分けて判断し、実行することが必要となります。
また、実行する為には、フィールド上の位置によって様々なサッカーの原則からプレーをしていることも発見しました。
このことが、最終的に「フィルター分析」に辿り着いた経緯になり、オランダサッカー協会が提案する分析方法を一歩踏み込んだ分析の枠組みとなりました。

この「目的と原則を設定する」分析方法では、ゲーム分析とビデオ分析とのリンクを可能にし、またはデータ分析をサッカーのデータ分析に変換する作業もして頂けると思います。

本当のサッカー指導者の考え方を伝えていきたい

日本サッカー協会のライセンス制度の内容にも関係しますが、オランダのライセンス制度では、UEFAのC級クラス(日本のB級ライセンスに相当)にて、試合→ゲーム分析→サッカーの問題の結論→トレーニングの作成・実践→試合の順番でワークフローを習学します。この過程が、ライセンス授業の中心となります。
なぜなら、現場の指導者が日々直面しますし、指導者としてサッカー選手に影響を与える根幹をなすテーマで、「サッカーの内容を指導できる指導者」の育成となります。つまり、指導者やインストラクターではなく、「サッカーの指導者」になるためのものが確立されています。

今回、皆様にオランダからご紹介したいのは、正にそこです。日本サッカー界の指導現場の現在までの成果を大きな土台として、もう1つ前に踏み出すためには、このワークフローを自由自在に扱える「サッカーの内容を指導できるサッカーの指導者」という考え方を、グラスルーツの指導者の方々と共有できたら幸いと考えました。

また、ゲーム分析の内容だけではなく、「年齢カテゴリー別に何を要求可能なのか?」をもとにした分析手順や「選手個人の分析」のメソッドついても言及していますので、合わせてご覧頂けます。

このDVDを通して、皆さんのクラブ内で、スタッフと選手間のサッカーのコミュニケーションが整理され円滑になり、チームと選手の成長の手助けになれましたら幸いです。

将来、日本がサッカー界の分析大国になることを夢見て 

白井裕之


【制作にご協力いただいた方々】
●Bart Logchies:オランダサッカー協会 指導教官
●Patrick Ladru:アヤックス ユーススカウティング ダイレクター
●Marcel Lucassen:WFA サッカーテクニックトレーニング講師
●Michele Santoni:元アヤックス トップチームビデオ分析アナリスト
●Pieter Morel:アヤックス トップチームビデオ分析アナリスト
●Maurice Hagebeuk:オランダサッカー協会 U14監督/指導教官
●Peter Pos:オランダサッカー協会公認指導者

ザ・サッカーアナリティクス 
おすすめの声

指導者のレベルアップに一番欠かせない要素

ヒロ(白井氏)は、クラブ内で常に熱狂的であり、また日本的なチームワークで人と丁寧に接する同僚です。新しいことを学ぶという事に対して、常にオープンで高い意欲を持っている仲間です。
このゲーム分析メソッドは、とても明快に構成されている点が特徴的です。何かを人に伝えたい、教えたい時には、それは分かり易いだけでなく、使い易いメソッドでなければならないと思います。その点で言うと、日々の忙しいサッカーの活動現場で、この分析メソッドを活用すれば「サッカーの問題と成長度」の確認までがスムーズにできると思います。
また、この分かり易さと使い易さが、何度も繰り返し使用する動機になり、グラスルーツの指導者のレベルアップに一番欠かせない要素になると思います。もちろん、「目的」と「原則」の分析フィルターを細かく設定することによって、トップレベルの指導者の方々にとっても、魅力的なメソッドだと思います。

パトリック・ラドリュー

パトリック・ラドリュー
Patrick Ladru
アヤックス ユースアカデミー スカウティングディレクター

25年間に渡り、オランダや世界の選手を指導。アヤックスのユースアカデミーにて、コーチやテクニカルマネージャーを歴任し、ラファエル・ファン・デル・ファールトや、ヴェスレイ・スナイデル、ジョン・ハイティンガ、ナイジェル・デ・ヨングなどの育成に携わった。その後、ヨハン・クライフ氏のメキシコでのプロジェクトの際には、アカデミーのトップとして指導。


サッカーの構造を順番に理解できる点が、指導者にとっての最大の利点

ヒロ(白井氏)とは、アヤックスのアマチュアチームにて3シーズン弱の間、コーチングスタッフとして一緒に戦いました。その間、アシスタントコーチ・ビデオ分析アナリストとして、チームにとって欠かせないスタッフとなりました。常に、現状の方法論に疑問を持ち、改善を進める彼の姿勢は、チーム全体にポジティブな影響を与え続けました。「ビデオ分析」が導入され、まだまだ体系化されていない中で、日々試行錯誤している彼の意欲にとても驚きましたし、スタッフに入ってもらって本当に良かったと確信しました。
このゲーム分析メソッドでは、特に「フィールドごとの目的と原則」を明確にできる点が、最大の特徴だと思います。常にボールがフリーであり、絶えずチームファンクションが移行していく複雑なサッカーにおいて、フィールドの位置に従って、チームファンクションの目的や原則が変わることについての発見、そのメソッド化によってゲーム分析の進め易さと全体の把握のし易さ、また第三者に対して非常に伝え易くなっている点が挙げられます。
ゲーム分析の「フィルター」を、レベルⅠから徐々にステップアップしていくことで、サッカーの構造を順番に理解して頂ける点が、グラスルーツの指導者の方々にとっての最大の利点だと思います。
また、このDVDのテーマの1つである「オランダサッカー協会が提示する年齢カテゴリー別の目標」を参考にして、担当されているチームの選手達に、「具体的に何をどこまで要求できるのか」を確認し、それを基に「サッカーの問題」と「プレーモデルの発展」について確認できる点も、1つのメソッドとして体系化されているので、使い易いと思います。
さらに「年齢カテゴリー別の目標」について、従来のものは「年齢別の選手の身体的、精神的な特徴」のみで、戦略や戦術に特化したものは少ない中、今回はこの「具体的に何をどこまで要求できるのか」について、ビジュアル化をしてより分かり易く説明されている点についても、面白い試みだと思います。

バルト・ローヒス

バルト・ローヒス
Bart Logchies
オランダサッカー協会
UEFA A級ライセンス(ユース育成)インストラクター

30年以上にわたり、アヤックスのアマチュアクラブなどオランダの各クラブで育成年代の監督を歴任。現在は、AFCアムステルダム(オランダ3部リーグ)の監督を務め、UEFA A級ライセンス(ユース育成)の指導者講習においてインストラクター(指導教官)を務めている。

この教材の価値は人それぞれですが

この教材で紹介している内容は、オランダサッカー協会が提唱する内容をベースに、白井氏がオランダや国際大会での実践経験をもとに日本の指導者向けに改良を加えたものです。
同等の経験や内容を現地で学ぼうとしたら、どれだけの期間とコストが必要になるでしょうか?
この教材は日本人である白井氏の言葉で、かつヨーロッパの最先端で行われているメソッドを自宅にいながら学ぶことができます。

つまり…

あなたが「ザ・サッカーアナリティクス」を学ぶと…

  • 漠然としていたサッカーの見方を整理できる
  • 主観ではなく客観かつ論理的にゲームを分析できる
  • 選手・チームの問題が明確になる(成長度においても)
  • 今まで見えなかった問題・成長度も発見できる
  • 選手に対して問題・成長度をロジカルに説明できる
  • M-T-Mを効果的に実践できる
  • 正しい問題解決を行うことでチームを勝利に導く

このような分析力
自宅にいながら身につきます。

この価値をご理解いただける方は、ぜひお買い求めください。

ザ・サッカーアナリティクス

~欧州の育成大国に学ぶ「勝つため」のゲーム分析メソッド~

2枚組 DVD、解説テキスト付き
DISC1:理論編・DISC2:実践編
監修/白井裕之 協力/ J-Dream、流通経済大学 制作/株式会社エム・ティ・プランニング 企画・発売元/株式会社イースリー
※書店、小売店での一般販売は行っておりません。

DISC1:理論編目次

オープニング
The Soccer Analyticsの目標 
オランダに学ぶ理由 
ゲーム分析とは 
1.サッカーとは
オランダサッカー協会のフィロソフィー 
1-1.サッカーの定義 
1-2.サッカーの構造サッカーの目的
チームファンクション
チームタスク
チームオーガニゼーション
サッカーのアクション
1-3.サッカーの局面と流れ 
2.サッカーの戦い方
サッカーの言葉を統一する 
2-1.戦略とは 
2-2.プレーモデルとは 
2-3.戦術とは 
3.サッカーの観方
ゲーム分析の本質 
分析の種類 
3-1.ゲーム分析の目的 
3-2.ゲーム分析の対象年齢カテゴリーとカテゴリー目標
3-3.ゲーム分析の内容(1)チームオーガニゼーションの噛み合わせ
(2)前半・後半のゲームの全体像
(3)各チームファンクション
(4)サッカーの問題
3-4.ゲーム分析の方法噛み合わせチェック
フィルター分析(レベルⅠ~Ⅳ)
5W診断
3-5.ゲーム分析の手順準備>チームの目的と原則を設定する
実行>STEP1 目的の達成度を確認する
実行>STEP2 原則の実行レベルを確認する
実行>STEP3 5W診断で要因を明らかにする
結論>サッカーの問題やプレーモデルの成長を確認する
3-6.個人分析の方法ポジション
モーメント
方向
スピード
エンディング
DISC1の終わりに 

閉じる

DISC2:実践編目次

オープニング
DISC2の狙い 
1.ゲーム分析:攻撃編
分析の前提となるプレーモデル 
攻撃・ビルドアップ・フィールド1敵チームの守備の方法を見分ける
広く深くポジションを取る
数的優位な状況を作り出す
攻撃・ビルドアップ・フィールド2ボール回しのテンポを速くする
相手のFWとMF、MFとDFの間にフリーマンを作り出す
横パスより縦パスを狙う
攻撃・ビルドアップ・フィールド3広く深くポジションを取る
3人目の動きを作り出す
1対1の状況を作り出す
攻撃・得点する・フィールド3ゴール前のポジションを取る
プロアクティブに次の状況を予測する
チーム全体をコンパクトに保ちカウンターに備える
2.ゲーム分析
攻守の切り替え(攻撃→守備)
攻守の切り替え(攻撃→守備)・フィールド23秒ルールを実行する
チーム全体をコンパクトにする
3.ゲーム分析 守備編
攻守における分析の視点 
守備・ビルドアップの妨害・フィールド1敵チームのビルドアップの方法を見分ける
コンパクトに守備をする
数的優位な状況を作らせない
守備・ビルドアップの妨害・フィールド2コンパクトに守備をする
縦パスを阻止する
逆サイドへ展開させない
守備・ビルドアップの妨害・フィールド3コンパクトに守備をする
プロアクティブに守備をする
1対1を作らせない
守備・失点を防ぐ・フィールド3GKの指示を聞いて敵のプレーを限定する
ペナルティエリア内・付近ではマンマークする
4.ゲーム分析
攻守の切り替え(守備→攻撃)
攻守の切り替え(守備→攻撃)・フィールド2チェンジ・ゲームを行う
チーム全体をコンパクトにする
5.個人分析
ゲーム分析から個人分析へ 
サッカーのアクション(1)フリーランニング 
サッカーのアクション(2)トラップ 
サッカーのアクション(3) パス 
エンディング
日本サッカーへのメッセージ 

閉じる

ザ・サッカーアナリティクス

よくあるご質問

対象年齢はどのくらいでしょうか?
この分析メソッドは、「サッカーの分析法」です。したがって分析の対象となるカテゴリーに関係なくご活用いただけます。また、担当されている年齢カテゴリーにあわせて、試合中に「具体的に何を」選手に求めることができ、ゲーム分析で問題点と成長度を確認するのか一連のワークフローもご理解頂けます。
選手が見ても役に立つでしょうか?
はい。選手自身がこの分析メソッドを理解すれば、自分の試合映像を振り返るのにとても役立ち、また自チームの「プレーモデル」の現状確認に役立ちます。この教材では個人の分析法についても紹介していますので、自分のプレーを客観的に分析できるようになります。
相手チームのスカウティングにも使えますか?
もちろんです。分析の目的には主に、自チームの分析と相手チーム(スカウティング)の分析がありますが、このメソッドはそのどちらにもご活用いただけます。
ゲーム分析に特別な撮影機材などは必要でしょうか?
録画した試合映像を使ってゲーム分析する場合、やや高台からの撮影をオススメいたしますが、機材につきましては一般のホームビデオで全く問題ありません。
サッカー未経験者が見ても理解できますか?
理論については、DISC1と別冊のテキストを使って丁寧に説明していますのでご安心ください。またこのメソッドはサッカーの客観的分析法ですので、分析者の知識や経験に問わず使用することができます。また、分析フレームは4つのレベルに分けられていますので、段階的に習得していただくことが可能です。
●送料について
全国一律:500円(税抜)
(海外のご注文につきましては送料をいただきます。また、離島部などの一部地域においては送料をいただく場合がございます)
●返品・交換・注文キャンセルについて
【返品・交換について】
返金保証キャンペーンの期間を除き、商品の返品及び交換は承っておりません。
但し、商品の欠陥や不良など当社原因による場合には、返品・交換を受け付けます。
この場合の返品期限は、商品到着後1週間以内に当社の指定する方法により、当社に通知するものとし、当社は良品もしくは代替と交換、
これに応じられない場合は支払い方法に関わらず、ご指定の口座に返金するものとします。
当該商品の返送及び再送に要する送料等は、当社負担とします。
※クーリングオフとは、訪問販売や電話勧誘販売などにおいて、消費者を保護するため、契約後8日間以内であれば無条件で契約解除ができる制度をいいます。
弊社を含め、通信販売におけるクーリングオフは適用されません。あらかじめご了承ください。

【注文のキャンセルについて】
すでに発送済みのものは、キャンセルできませんのでご了承ください。
●ご注文の受付日時について
営業日は、平日10:00~18:00となっております。
土日祝日もしくは、18:00以降のご注文につきましては、翌営業日のお取扱いとなりますので予めご了承ください。
●領収書発行をご希望の方へ
領収書の発行をご希望される方は、 ご注文画面の備考欄へその旨をご記入ください。
また、「宛名」 「但し書き」に、ご指定がある場合は、 同じく備考欄へご指示をお願いいたします。
●お支払い方法について
お支払いは、クレジットカード、代引き、銀行振込の3種類をご用意。
【クレジットカード】
VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEXがご利用可能です。
クレジットカード
ご注文手続きの画面にて、クレジット決済を選択し、クレジットカードご利用の必要事項を画面に従ってご記入ください。
お客様が入力した情報は、SSL通信によって暗号化され送信されます。

【代引き】
ヤマト急便のコレクトサービスをご利用いただけます。「代金引換え」の場合、お客様への商品お届け時に、
商品代金と引き換えに商品をお渡しいたします。代引き手数料が別途発生いたしますのでご了承ください。
[代引き手数料]
ご購入金額の合計が、
10,000円未満の場合:300円(税抜)
10,000円以上~30,000円未満の場合:400円(税抜)

【銀行振込】
ご注文後に振込先を記載したメールを送信いたします。
弊社側でご入金を確認した後の商品発送となりますので予めご了承ください。
また、振込手数料はお客様ご負担となります。
●お問い合わせについて
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
【お電話でのお問い合わせ】
Tel.03-5210-1221
※10:00~18:00(土日・祝日は除く)
【メールでのお問い合わせ】
info@e-3shop.com
※10:00~18:00(土日・祝日は除く)