「キレキレ」販売終了のお知らせ


平素より「イースリーショップ」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび、原材料の高騰などの諸事情により「キレキレ」の販売を終了することになりました。
販売の終了時期につきましては、現在の在庫がなくなり次第となります。

これまでご愛用いただきました皆様方には、厚く御礼申し上げますとともに、
大変ご不便・ご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。
なお、ただいま代替品の開発を進めておりますので、準備が整い次第、皆様に改めてお知らせいたします。

今後とも、イースリーショップをよろしくお願いいたします。

ジュニアサッカー専用サプリキレキレは愛用者様にも高い評価をいただいております

  • お名前(キレキレご利用者本人): 魚地 瞭透くん
  • 年 齢: 10歳
  • 評 価: ☆☆☆☆☆
  • お母様からのコメント:
    子どものサプリメントとしては、キレキレは少し高めだなと思いましたが、息子の体の成長&疲れに役立つならと思い購入しました。半信半疑だった私はお試しのつもりで1袋だけ購入しました。息子は最初、味に慣れず飲みにくいと言っていたのですが、自分の体にとてもいいサプリメントだと説明して毎日続けさせると味にもだんだん慣れてきたのか進んで自分から寝る前に必ず飲む様になり、キレキレが残り少なくなってきた時、追加購入を迷っていた私は息子に飲んだ感想を聞くと、体の調子が良くなってきたから続けて飲みたいという返答でした。成長期が重なったのか、足のサイズも身長も伸びてきたからと言っていました。(笑)
    このサプリメントで足りない栄養を補い、子どもの体の成長と疲れをサポートして欲しいなという思いで今後も続けていきたいと思っております。

みなさまから嬉しいお声が寄せられています。

※個人の感想であり、効能ではありません。

サッカー少年・少女たちは疲れている

グラフ
「絶対レギュラーになる!」「将来、プロになる!」と夢に向かって頑張るサッカーキッズたち。
それはとても喜ばしいことですし、見守る親としてもぜひ応援してあげたいもの。けれど一方で、頑張りすぎて疲れをためてしまい、体調を壊したり、ケガをしやすくなることもありますよね。 2014年12月に弊社サッカー育成メディアサイト『サカイク』で行った「疲れと食事」に関するアンケートでも、ジュニア世代の子どもをもつ保護者の92%が「子どもがサッカーで疲れている」と回答しています。

※『サカイク』(http://www.sakaiku.jp/)とは・・・独自取材したオリジナル記事を年間約500本UP!お子さんのサッカーや教育に関わる上で、保護者の皆様に役立つ情報をお届けてしています。

原因は栄養不足かもしれません

ジュニアアスリートにとって普段の食事だけでは栄養素は不足しがちなのです

成長期の子どもにはバランスのよい栄養が必要ということは、みなさまもすでにインターネットなどの色々な情報でご存知だと思いますが、週に何日も練習や試合を行っているジュニア世代にとっては、成長にプラスして疲れを回復するための栄養素が非常に大事です。
日頃から食事の栄養に気を付けていても、成長+回復に必要な栄養素をすべて網羅するのはとっても大変。
それに、たとえ栄養たっぷりのメニューをたくさん作れたとしても、子どもが全部食べきることは難しいかもしれません。実際サカイク編集部には、「子どもの食が細い」「疲れて食事をあまり食べられない」「栄養が足りているか心配」などのお悩みが多く寄せられます。
それでは、子どもに十分な栄養素を摂取させるにはどうすればよいのでしょうか?

そこで

成長+回復に必要な栄養素30種以上を凝縮したジュニアサッカー専用サプリ「キレキレ」

でも、子供にサプリなんて心配

サプリメントに対するイメージ

食事ですべての栄養を補うことが難しいとなったとき、代わりになるものとしてすぐに思いつくのは栄養補給する「サプリメント」ではないでしょうか。
しかし、前述のアンケートでは、食事にお悩みをもつ方が85%もいるのにも関わらず、サプリメントを子どもに与えている保護者は30%程度。食事のとり方や栄養に不安を抱えながらも、その補助となるサプリメントを活用されている方は意外と少なかったのです。
この事実に着目したサカイク編集部は、その理由を考えてみました。

  • サプリメントの信頼性が低い?
  • 食事に対して手を抜いている感じがするからかも?
  • 子どもには食事で十分!っていう感覚がある?

大人にはすでに広く普及しているサプリメントですが、子どもに与えるのにはちょっと慎重になってしまうというのが保護者のみなさまの本音かもしれません。しかし、前述したように、子どもの疲れと成長に必要な栄養素を、食事だけでとるのはかなり難しいという現実があります。

どうすれば従来のサプリメントに対するイメージを変えることが出来るのか、サカイクは考えました。

足りない栄養素の補給にサプリメントを効果的に使うことは、子どものためにできるサポートの一つなのではないか?

ジュニアサッカー専用サプリキレキレ

サプリメントのイメージを変えるためにサカイクが追求したこだわりポイント

大事なのは「栄養素の鎖」を創ること

まずサカイク編集部が着目したのが、100名以上の現役プロサッカー選手が利用しているサプリメント『ナリッシュメントチャージ』です。
『ナリッシュメントチャージ』は、「栄養素の鎖を創る」ことをコンセプトに開発されたサプリメントで、天然由来の原材料から30種類の栄養素が配合されており、また、30年間に蓄積された27万人に及ぶ栄養分析データもとに、常に最高のパフォーマンスを求められるトップアスリートに最適なバランスになっています。

栄養素はチームワークで働きます。たったひとつの栄養素が足りないだけで全体の働きが低下してしまいます。
まるで“壊れた桶”のように、足りないレベルに合わせて能力を低下させてしまうのです。そこで、必要な栄養素を最適なバランスで配合し、栄養素の力を最大限に発揮させることが必要になります。
ビタミンなしではミネラルが働けず、ミネラルなしではビタミンが働けません。例えば、ビタミンAは、カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛が十分な時だけ力を発揮します。亜鉛は、ビタミンB群が正常に吸収されたり正しく働くために必要なミネラルですが、ビタミンA、カルシウム、銅、リンがなければ働きません。このように、ビタミンやミネラルの体の中で密接なチームワークによって、体が体力面でも精神面でも正常にバランスを保つ事ができるのです。

このような栄養素のチームワークでの働きを『ナリッシュメントチャージ』では「栄養素の鎖を創る」という言葉で表現しています。
1か月分(1箱30包)で12,000円の高級サプリメントであるためほとんど市販はされておらず、選手やコーチの間のクチコミで人気が広がった商品で、まさに「知る人ぞ知る」サプリメント。
サカイク編集部はその実績に注目し、製造元の株式会社コム・ジャパンと共同で『ナリッシュメントチャージ』のジュニア版を開発しました!

成長期に合わせて栄養素の比率を調整さらに味にもこだわりました

一番苦労したのは今までのサプリメントに対するイメージを変えること。
どうしてもサプリメントに頼ると「日頃の食事に手を抜いている」
というイメージから離れられません。

そこでサカイク編集部は、ご自分も同じ経験を持ち、
食に対して苦労しながらもサッカー少年を育て上げた経験を
お持ちの健康管理士に相談し、共同開発しました。

そこで
サプリメントを上手に併用するポイント、重要性を聞いてみました。
柳生百々子様
もう食事のことで苦労なさらないでください

うちの子どももそうでしたが、子どもたちは本当に忙しいですよね。毎日サッカーや習い事に追われていて、疲れている。
夜更かしする子どもも多く、十分な睡眠が取れず生活のリズムが狂う。結果としてお勉強はおろそかに・・・・・・。
こうしたサイクルは近年ますます進んでいるのではないでしょうか。
サッカーをプレーしているお子さまがいれば、それを応援してあげたいと思うのが親心。お母さんができる最大限のサポートが食と栄養に関するサポートです。

私もそうですが、サッカーのこと、ルールやプレーについて教えてあげることはできませんよね。当時はサッカーをよく知らない私ができることをしようと、 頑張るわが子のために栄養学を勉強し、子どもたちが口にするものすべてに気を遣っていました。

その経験があるからこそ思うのですが、毎日の食事がお母さんの負担になっても良くありませんよね。『子どものため子どものため』と頑張りすぎて返って子どもにプレシャーをかけてしまうかもしれませんし。
だからこそ、食事だけでは摂りきれない栄養素については、サプリメントで補助的に補うことで、体力向上、パフォーマンスアップにつながるのだと考えています。

サプリメントに関しては抵抗や偏見をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、成分さえ把握して、それだけですべてをまかなおうとしなければ、お母さんの食事の負担やお子さまの力強い味方になると考えています。
この「キレキレ」が、サッカーキッズのそしてお母さんの力強い味方になってくれたら幸いです。

  • 柳生百々子様
  • 二人の子供を育てる中で食育に目覚め、健康管理士の資格を取得。文部科学省が推進する「早寝早起き朝ごはん」の活動にも参加。小学校や中学校などで生徒向け・保護者向けの食育勉強会を多数行っている。『キレキレ』の開発ではジュニア向けの栄養成分比率などのアドバイザーとして参加。

    ライフサイエンス研究所。食育インストラクター・健康管理士一般指導員。
    柳生百々子

世界のトップアスリートの多くは、例外なく食事と栄養について関心を持っています。
その理由は、選手個人の能力は皆、違います。天性の才能をもった人。厳しいトレーニングによって培われた人。各々は最善の努力を積み重ね、最高の能力をつくり上げます。 1cmでも高く、1cmでも遠く、1秒でも早くを達成させるために、何か一つでも怠って到達出来なかったという悔いを残さない為に勝つための情報を収集します。

スポーツは身体にとっては大きなストレスです。エネルギーを発電させるためのミトコンドリアに大量の酸素を送り込みます。2%が活性酸素として残り、健康を害する物質(フリーラジカル)となります。分かり易く言うと、体を酸化させ、サビさせる物質が作り出され細胞を破壊し集中力を欠き、チームワークの欠落にもつながり、ケガの原因と結びつきます。フリーラジカルのダメージの修復に働くのが抗酸化栄養素(ビタミンA、C、E、セレニウム、亜鉛、マンガン、鉄)等です。不足すると脳の伝達機能を害しイライラしたり瞬間の判断にミスを生じさせたり、筋肉の働きを低下させたり、骨の形成に影響します。一方ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸)、マグネシウム、カルシウム、銅、鉄、亜鉛、コリン、コバルト等はエネルギーを発電させるのに欠かせません。 栄養は単体で働くのではなく、チームワークで働きます。必要な栄養素が高単位に含有され生命の鎖を形成していることが大事です。こうした新しい栄養学の導入が勝つための必須の条件となりました。

生活習慣病、ガン、心臓病、糖尿病等は活性酸素が引き金になっています。 お母さんたちのシミ、シワも活性酸素によるものです。 活性酸素の無害化に働くのが、抗酸化物質(ビタミン・ミネラル)という微量栄養素です。 スポーツ選手の身体が大量の栄養素を要求するのは、ストレスから身体を守るためです。ビタミン・ミネラルは瞬間の判断力、ケガの修復、体力の強化、スタミナ、持久力、チームワークのコントロールに重要な役割を果たします、機能性栄養素とも呼ばれています。

「勝つ」ために新しいスポーツ栄養学の知識をスポーツ生活に生かして下さい。

株式会社コム・ジャパン

ジュニアサッカー専用サプリ キレキレ

ヴァンフォーレ甲府フィジカルトレーナー 谷 真一郎
ヴァンフォーレ甲府
フィジカルトレーナー
谷 真一郎
「ナリッシュメントチャージJのジュニア向けサプリメント『キレキレ』が発売となりました。
ナリッシュメントチャージは今では100名以上のJリーガーが日々の生活に取り入れており、私も飲み続けて10年以上経ちます。ここ10年間は身体のフィーリングが良くなり、健康に過ごせています。
消耗の激しい試合やトレーニングを積み重ねているプロ選手が愛飲するには理由があります。
ビタミンはそれぞれが作用しあって効力を発揮しまが、足りない要素があると効力は低下してしまいます。つまり、バランス良く摂取することが重要なのです。
しかし、毎日の食事でナリッシュメントチャージに含まれているビタミンをバランス良く摂取することは非常に難しいと思います。
食事の一環としてサプリメントを取り入れることでバランスを保つことが出来ますし、日々良い状態を作り出せるということです。こんなに素晴らしいことはありません。
『キレキレ』は子供向けに食べやすく作られていますので、飲みやすくなっていると思います。
運動で消耗したビタミンをバランス良く摂取することにより、毎日良い状態で過ごすことが出来るようになる。そして、良い状態で日々活動することにより、持っている能力を最大限に発揮し続けることが出来るようになる。そういったサイクルの中で成長の日々を過ごしていけると、自ずと到達点も高くなるのではないかと思っています。
是非、プロ選手が体感しているビタミンの効力を毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。」
筑波大学 体育専門学群 教育学博士 西嶋 尚彦
筑波大学 体育系
教授
西嶋 尚彦 博士
筑波大学では、トレーニングの実践的研究プロジェクトとして、女子サッカー日本代表のなでしこジャパンの選手を育成しております。
ハイパフォーマンスアスリートの育成の基本は、トレーニング、食事(栄養)、睡眠を個々別々に実施するのではなく、トレーニング+食事(栄養)+睡眠として、ひとつの単位とする生活習慣です。 児童生徒や学生のアスリートでは、勉強(研究)+トレーニング+食事(栄養)+睡眠が基本的生活習慣の単位となります。トレーニングがなく回復にあてるときには、勉強(研究) +食事(栄養)+睡眠となります。 このような基本的生活習慣を確立することで、発育期における健全なからだつくりが行われます。

勉強(研究)+トレーニングの活動を支えるのが食事(栄養)です。
体つくりのための5大栄養素は、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルです。ハイパフォーマンスアスリートのトレーニング生活は、一般人の生活行動に比較して高強度の身体活動量です。 建物の柱や壁をつくるには、コンクリート(セメント)が材料です。からだつくりでは、タンパク質が材料になります。

ビタミンとミネラルは、食事からの摂取では不足するので、タブレットで捕食します。
ハイパフォーマンスアスリートの生活は、文武両道です。勉強+運動+食事+睡眠の基本的生活習慣が確立してくると、栄養状態が良好になり、脳が活発に機能することで、集中力や意欲が高くなり、勉強もスポーツもアクティブに活動できます。
健康な状態でハードワークが可能となります。継続的に勉強とスポーツに集中し、良好な成績で目標を達成することができます。

西嶋 尚彦 博士/プロフィール
筑波大学体育系教授。教育学博士。主な研究テーマは「運動能力の測定と達成度評価」。
『全国体力・運動能力,運動習慣等調査の結果からみた子どもの運動生活習慣と体力・運動能力の向上可能性』などの研究実績をもつ。スポーツ庁「全国体力・運動能力,運動習慣等調査」委員を務める。

よくある質問をまとめました。

Q:毎日決まった時間に飲まないといけないですか?
お薬ではないので、いつでもご自由にお飲みいただけます。
練習がハードだった日や大事な試合の前の日など、ここぞという時だけ飲むこともできます。
ただ、毎日飲むほうが効果がでやすいので、夕食後や朝食後など、毎日の生活リズムに組み込むことをお勧めします。
Q:子どもの栄養は食事だけで十分ではないですか?
成長期の子どもには十分な栄養素が必要です。特にスポーツを行っているお子さまには、疲労回復のための栄養も必要になるため、それを食事だけで補うのは大変です。
また、栄養たっぷりの食事をつくっても、食が細かったり疲れて食べられなかったりして、うまく栄養が摂取できていないことがあるのです。
Q:スポーツをしない子でも飲ませたほうがよいですか?
現代の子どもは塾や習い事など、大人と同じくらい忙しい毎日を送っているといわれます。
スポーツをしないお子さまでも、実際は疲れがたまっていることがありますので、ぜひキレキレで毎日の栄養を補ってあげてください。
Q:一度にたくさん飲むと効果がありますか?
栄養素は一度にたくさん摂取しても、体内に吸収されずに排出されてしまいます。一度にたくさん摂取するよりも、適度な量を毎日飲み続けるほうが効果が期待できます。
Q:大人が飲んでもよいですか?
キレキレには成人にも必要な栄養素が十分に入っていますので、ご家族でご利用いただくこともできます。
大人の方が飲む場合は、1回10~12粒程度を目安に摂取してください。


食事の前後や寝る前など生活リズムに合わせて自由に飲めるからこんなお子さまにもオススメです!

足りない栄養素の補給に「キレキレ」を効果的に使って頑張るお子さまのために食事の面からサポート

足りない栄養素の補給に「キレキレ」を効果的に使って頑張るお子さまのために食事の面からサポート

キレキレ
安心の30日間返金保証
お召し上がり方
栄養補給の食品として、1日6粒程度を目安に、水又はお湯とともにお召し上がりください。
ご使用上の注意
●開封後は封をしっかり閉め、なるべく早くお召し上がりください。●乳幼児・小児の手の届かないところに置いてください。●体質や体調により、まれに合わない場合がありますので、その場合はご使用をおやめください。●原材料をご確認の上、食品アレルギーのある方は、ご使用にならないでください。●処方箋の服用あるいは通院中の方は医師にご相談の上、お召し上がりください。●乾燥剤が入っていますので、誤って召し上がらないようにご注意ください。●原材料由来の成分により、色むらや斑点が見えることがありますが、品質には問題ありません。●天然原料を使用しておりますので開封後に多少色が変化することがありますが、品質には問題ありません。●ビタミンB2の影響で尿が黄色くなることがあります。
保存方法
直射日光及び高温多湿を避け、開封後はなるべく涼しいところに保管してください。
商品仕様
内容量(1袋あたり) 81g(450mg×180粒)
原材料名 還元麦芽糖、粉糖、粉末はちみつ(乳由来を含む)、酵母エキス、酵母、バラの実、アセロラ抽出物、海藻末、黒スグリ、アルファルファ、レモン果皮抽出物、オランダ辛子、そば、ピーマン、魚肝油、牡蠣抽出物、パセリ、コーン、大豆、卵黄、アーモンド、大麦、ひまわりの種、グリーンピース、マッシュルーム、プルーン/ビタミンC、貝カルシウム、卵殻カルシウム、ビタミンE、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素、植物レシチン(大豆由来)、増粘剤(グァーガム)、ニコチン酸、香料(ゼラチンを含む)、ビタミンA、甘味料(ステビア)
販売者 株式会社 コム・ジャパン CO 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-4-7
総販売元 株式会社イースリー 〒102-0076 東京都千代田区五番町2-13
栄養成分表示
6粒(2.7g)当り
エネルギー 10.3kcal たんぱく質 0.13g 脂質 0.28g 炭水化物 1.82g ナトリウム 4.05mg ビタミンA 1500IU ビタミンB1 10mg ビタミンB2 10mg ビタミンB6 10mg ビタミンB12 10μg ナイアシン 15mg 葉酸 66μg パントテン酸 21mg ピオチン 66μg ビタミンC 300mg ビタミンD 16IU ビタミンE 101mg ビタミンK 10μg カルシウム 100mg マグネシウム 13mg リン 15mg カリウム 5mg ヨウ素 13μg 鉄 1mg マンガン 0.3mg クロム 3μg モリブデン 2μg 銅 0.1mg セレン 4μg  亜鉛 1mg イノシトール 10mg コリン 10mg ビタミンP 12mg