【大雨による配送遅延のお知らせ】
西日本を中心とした大雨の影響により、高速道路の通行止めなどの交通障害が発生し、
全国的にお荷物のお届けに遅延が生じております。

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

商品の説明

送料無料
コーンドリ~「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド2~

リアルスタイル

三木コーチのドリブル指導 第2弾!
「コーンドリブル」で動き創り


※音声をオンにしてご覧ください

第1弾のリフティング&ドリブルから、より実戦的なトレーニングへ。

数あるドリブル練習法の中で、手軽で実戦的なトレーニングである「コーンドリブル」。
選手のレベルや環境の差にかかわらず、みんなで練習できる効率の良い練習方法です。

どのチームでも取り入れているコーンドリブルですが、
三木コーチのコーンドリブルは少し違います。



多くのチームがドリブル力の向上を目的としていますが、
三木コーチは、足首やヒザ、股関節の内旋、外旋など、色々な運動要素を取り入れながら、
「動きづくり」の一環として、コーンドリブルを行っているのです。

サッカーの上手い下手というのは、技術の差によるものではなく、
『思いどおりに体が動かせないこと』が原因であると考えているからです。

と三木コーチは語ります。

「私は、コーンドリブルを通じてよく動く体をつくることが、サッカーの上達につながると考えています。 また、コーンドリブルは、ボールと相手との距離を正しく把握するための『空間認識能力』を向上させるうえでも、とても効果的な練習です。 ただ単にドリブル力の向上ということではなく、動きづくりや認知能力という側面から指導することで、 コーンドリブルはより実戦的な練習に変わると考えています。」


三木利章(みきとしあき)/プロコーチ
プロフィール:
プロサッカーコーチ。主に少年サッカーチームやジュニアユースチームの指導、スクール主催などの精力的に活動。 育成年代で一番大切な『個』の技術・戦術の向上を目指し、実践で生かせる個人スキルを身につける指導を行っている。

【指導歴】
1997年~2008年 奈良YMCAサッカークラブ
2008年~2010年 ライオスジュニア
2010年~2016年 ACアスロン
2016年~ フリープロサッカーコーチ
・リガールJPCジュニアユース担当
・グローリアガールズU15担当
・ドリブルスクール主催

【指導実績】
2004年
U11関西小学生サッカー大会奈良県大会 準優勝
U12全日本少年サッカー大会奈良県大会 準優勝
U12関西少年サッカー大会奈良県大会 準優勝
2005年
U11関西小学生サッカー大会奈良県大会 準優勝
U11関西大会(フジジャパンカップ)ベスト8
U12全日本少年サッカー大会奈良県大会 準優勝
U12関西少年サッカー大会奈良県大会 優勝
U12関西大会(日本ハムカップ)優勝
など多数

【チーム・学校 訪問 指導実績】
興國高校(大阪)【定期ドリスク実施】
大商学園高校(大阪)女子【定期指導実施】
南葛SC Fukuoka(福岡)【定期指導実施】
コーディーアカデミー(大阪)【定期ドリスク実施】
ラボーナ高山サッカースクール(奈良)【定期ドリスク実施】
柳学園高校(兵庫)【定期ドリスク実施】

「動きづくり」とは、「自分の身体を思い通りに動かせる能力」のこと。

第1弾のDVDでは、主にリフティングによる動きづくりの方法をお伝えしました。
このリフティング練習だけでも、動きを改善することはできますが、
「試合になると練習でできたことができなくなる」という問題が起こります。

そこで作られたのが、より実戦に近い、独自のコーンドリブルの練習法です。

一見すると、同じに見えるコーンドリブルでも、レベルに合わせて難度を上げたり、
刺激の与え方を変化させることで、より試合に近い実戦的な練習ができます。

三木コーチにインタビュー
独自のコーンドリブルの秘密

Q.一般的なコーンドリブルとはどこが違うんですか?

一番大きな違いは、目的が「ドリブル力の向上」か「動きづくり」かという点です。

もしかすると「動きを習得するだけなら、無理にコーンドリブルでなくても、
ラダーやポールなど、ボールを使わないやり方もあるのでは?」と、思うかもしれません。

ですが私は、実際にボールを使いながらコーディネーションをやっていくことが、
限られた少ない練習時間で選手たちを上達させる理想的な方法だと考えています。


Q.どのように練習をステップアップしていくのですか?

まずは、コーンの数は2つというように、シンプルな練習からはじめるのが良いでしょう。
コーンが2つのときは、コーンの手前と間の動作、つまり「2つの動作だけ」を意識すればOKです。

このように、少ない動作からはじめるのが、動きづくりの練習には最適です。
慣れてきたら、次のステップとして、コーンの数を3つに増やします。

すると、どうなるか?
コーンが3つになると、2つめの動作で踏ん張ってしまうことで、
3つめの動作に動けないという問題が起こります。
つまり、3つのコーンを使った練習で、3つめの動作が上手くできるようになると、
「ドリブルの中で踏ん張ってしまう」というクセが改善できる
んです。

そして、コーン3つの練習にも慣れたら、次のステップではトップスピードでやるようにします。

練習のバリエーションを増やすときも、難しい技を練習するというのではなく、
コーンドリブルを一つの運動としてとらえることが大切です。


Q.三木コーチが重視している「3のリズム」とは何ですか?

サッカーは、常に「相手の逆を取る」スポーツです。
そのため、「右、左」という2のリズムの動きしかできないと、
デフェンスと向き合ったときに、次の手がなくなってしまいます。

つまり、そこでボールを奪われてしまうんです。

しかし、右、左と動いたあとに、さらに相手の逆を取れれば、
身体能力の低い選手でも、相手を抜くことができますよね。
その、「逆を取る」ための動きが3のリズムなんです。

普段のコーンドリブルの練習から、3のリズムを意識することで、
試合でも相手の逆を取って、簡単にディフェンスを抜けるようになります。
練習の成果を試合で発揮するためにも、3のリズムを意識することは重要です。


Q.なぜ、三木コーチのコーンドリブルは短期間で上達できるのですか?

それは、技術ではなく「動きづくり」を重視した練習をしているからでしょう。

実は、技術を上達させるって、すごく大変なことなんです。
それよりも、体を思いどおりに動かせるようにすることでプレーを良くする方が、圧倒的に簡単なことなんです。

サッカーは、上手い下手で片付けられることが多いですが、私のチームの選手たちは、体がよく動くようになったことで、強い相手とも戦えるようになりました。
彼らが短期間で上達できたのは、私の指導力うんぬんではなく、体が動くようになったことの方が大きいんです。

おそらく、「動きづくり」の練習に関しては、他のどこのチームよりも時間をかけていると思います。練習時間の50%は動きづくりのために使っています。


Q.どのようにチームに、コーンドリブルを取り入れればよいですか?

コーンドリブルには、たくさんのバリエーションがあります。
選手のレベルによっては、形をマネするのが難しいケースもあるでしょう。

でも、それでいいんです。
完璧にできなくても、まずは見たままをマネするだけでも、大きな効果を得られます。

教えてもらって理解して練習するのではなく、
見よう見まねでやってみることもとても大切なことなんです。

信じられないかもしれませんが、マネしてみるだけで
その動きができるようになることは珍しいことではありません。

できないのは、「やったことがなかった」というのがほとんどなんです。

ですから、まずは、見よう見まねでマネをしてみてください。
たくさんの動きを経験することは、サッカーをする上で大きな財産になります。
まずは、意識してマネをすること。
それが無意識にできるようになればベストです。

そこまでできれば、動きの引き出しが増え、
ゲームの中で自然に足が出てくるようになるはずです。


三木コーチのコーンドリブルをDVD3枚組に収録

大事なことは、ドリブル力の向上ということだけにとらわれず、「動きづくり」という面からも、コーンドリブルをおこなうこと。
結果的にそれがサッカー上達の近道になることを、三木コーチのチームの選手たちが証明してくれています。

今回のDVDには、コーンドリブルの考え方から、基礎となる練習方法、さらには、試合ですぐに実践できる応用練習までを収録しています。
とてもシンプルな練習法なので、チームに簡単に取り入れられるのはもちろん、サッカー経験のないお父さんお母さんでも、お子さんに教えられます。

ぜひ、このDVDから、コーンドリブルの真髄を学んでください!


DISC1 コーンドリブルの基礎(時間:72分)

●コーンドリブルの練習効果を劇的にアップさせる方法
●上手く体が動かせない選手には、どう声をかければいいのか?
●正確にボールをコントロールできる、「体とボールの位置関係」とは?
●アウトロールを失敗してしまう原因と、その対処法
●失敗したあとのリカバリー、そのポイントと注意点

【コーンドリブルの基礎練習】
(1)インロール&アウトロール
(2)アウトロール&インロール・イン
(3)クライフターン&アウト2回
(4)ダブルクライフターン&アウト2回
(5)クライフターン&アウトロール&ダブルタッチ2回
(6)シザース&クライフターン&アウトロール&ダブルタッチ
(7)ダブルシザース&クライフターン&アウトロール&ダブルタッチ&ルーレット
(8)インロール&アウトロール&ダブルタッチ
(9)アウトロール&インロール・アウト
(10)2種類の8の字ドリブル

DISC2 仕掛けるドリブルの基礎1(時間:43分)

●仕掛けるドリブル、その指導のポイントとは?
●爆発的な体重移動を使って、一瞬で相手を抜き去るテクニック
●なぜ、股関節をたたむ動きが大切なのか?
●急ブレーキを技術の一つとして使う方法
●スピードを上げるタイミングと、下げるタイミングの使い分け
【仕掛けるドリブルの基礎】
(1)ダブルタッチ2回
(2)ダブルタッチ・アウト
(3)インロール&アウトロール
(4)アウトロール&インロール・イン

【ファーストタッチから仕掛けるドリブルの基礎】
(1)ダブルタッチ2回
(2)ダブルタッチ・アウト
(3)インロール&アウトロール

【ファーストタッチ2回から仕掛けるドリブルの基礎】
(1)ダブルタッチ2回
(2)ダブルタッチ・アウト
(3)アウトロール&インロール・イン

DISC3 仕掛けるドリブルの応用2(時間:59分)

【仕掛けるドリブルの応用】
(1)ダブルタッチ4回
(2)ダブルタッチ・アウト&イン・アウト
(3)インロール&アウトロール&インロール・イン
(4)アウトロール&インロール・イン&ダブルタッチ
(5)イン・アウト4回

【ファーストタッチから仕掛けるドリブルの応用】
(1)ダブルタッチ4回
(2)ダブルタッチ&イン・アウト
(3)インロール&アウトロール&インロール・イン
(4)アウトロール&インロール・イン&ダブルタッチ
(5)イン・アウト4回

【ファーストタッチ2回から仕掛けるドリブルの応用】
(1)ダブルタッチ4回
(2)ダブルタッチ&イン・アウト
(3)インロール&アウトロール&インロール・イン
(4)アウトロール&インロール・イン&ダブルタッチ
(5)イン・アウト4回

講師/サッカー指導者 三木利章
販売元/株式会社Real Style
メーカー希望小売価格/16,980円(税込)
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。

コーンドリ~「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド2~リアルスタイル

16,980円(税込)
数量

先頭へ