【夏季休業のお知らせ】休業期間:2018年8月10日(金)~8月15日(水)詳しくはこちらから>>

【大雨による配送遅延のお知らせ】
西日本を中心とした大雨の影響により、高速道路の通行止めなどの交通障害が発生し、
全国的にお荷物のお届けに遅延が生じております。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

商品の説明

送料無料
「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~

リアルスタイル

ジュニア年代にオススメ!
無名クラブを優勝に導いたコーチが教える
「動き創り」のためのドリブル指導法



サッカーチームであれば、どんな小さなチームでも行っているドリブル練習。
もちろん、あなたのチームでもコーンドリブルや1対1など、
いろいろなバリエーションで練習されているかと思います。
ドリブルの自主練に励んでいる選手も、たくさんいるでしょう。

では、その練習は、試合でどれだけ活かされているでしょうか?

■すぐにDFにボールを取られてしまう
■練習ではできるのに、試合になるとミスが目立つ
■決まったパターンはできるが、応用が効かない

など、感じたことはありませんか?
もし、心当たりがあったとしたら、練習しても上達できない、
「ドリブル練習の落とし穴」にズッポリとハマっている可能性があります。

実は、その落とし穴の正体とは…「踏ん張ること」です。
踏ん張ると言うのは、言い換えるなら、
ドリブルのときに「どちらかの足に重心を乗せてしまうこと」。

一生懸命にドリブル練習しているのに上達できない選手は、
ほとんどの場合、無意識のうちにドリブルで踏ん張ってしまっているのです。

ドリブルにおいて大切なことは、
常にどの方向にも素早く体を動かせる状況をキープすることです。
つまり、できる限りフラットな状態であることが望ましいと言えます。
しかし、ドリブルで踏ん張ってしまうと、素早く動くことができず、
DFに簡単にボールを奪われてしまうのです。



たとえば「反復横跳び」をイメージしてください。
反復横跳びをするとき踏ん張ってしまうと、重心が片足に乗ってしまうため、
スムーズに次の動作に移ることができませんよね。
ですが、踏ん張らずに反復横跳びができると、重心をフラットな位置に置けているので
スムーズに次の動作へと移ることができます。

ドリブルもこれと同じで、踏ん張らないことでスムーズに動くことができるのです!

▼動画でチェック!「踏ん張らない」動き


このように、
ドリブル練習によってサッカーに必要な体の「動き創り」を行うのが、
このDVDでご紹介するドリブルトレーニングです。
このトレーニングを提唱するのが、関西で無名の街クラブを優勝まで導き、
現在はプロコーチとして活躍している三木利章コーチ
です。

■数々の強豪校で指導実績をもつプロコーチが監修

セレクションもない無名の街クラブで、練習は1日2時間の週2回だけ。
しかもグラウンドはフットサルコート1面ほどの狭い場所。
そんな限られた時間と環境の中、三木コーチが優先的に取り組んだのが「個」の育成です。
その中でも特に力を入れたのがボールを使った技術、「ドリブル」を上達させることでした。

「ドリブル」を練習することでサッカーの「動き創り」と「体創り」を行い、
Jリーグの下部組織や強豪クラブチームをおさえて優勝
することができたのです。


三木利章(みきとしあき)/プロコーチ
プロフィール:
プロサッカーコーチ。主に少年サッカーチームやジュニアユースチームの指導、スクール主催などの精力的に活動。 育成年代で一番大切な『個』の技術・戦術の向上を目指し、実践で生かせる個人スキルを身につける指導を行っている。

【指導歴】
1997年~2008年 奈良YMCAサッカークラブ
2008年~2010年 ライオスジュニア
2010年~2016年 ACアスロン
2016年~ フリープロサッカーコーチ
・リガールJPCジュニアユース担当
・グローリアガールズU15担当
・ドリブルスクール主催

【指導実績】
2004年
U11関西小学生サッカー大会奈良県大会 準優勝
U12全日本少年サッカー大会奈良県大会 準優勝
U12関西少年サッカー大会奈良県大会 準優勝
2005年
U11関西小学生サッカー大会奈良県大会 準優勝
U11関西大会(フジジャパンカップ)ベスト8
U12全日本少年サッカー大会奈良県大会 準優勝
U12関西少年サッカー大会奈良県大会 優勝
U12関西大会(日本ハムカップ)優勝
など多数

【チーム・学校 訪問 指導実績】
興國高校(大阪)【定期ドリスク実施】
大商学園高校(大阪)女子【定期指導実施】
南葛SC Fukuoka(福岡)【定期指導実施】
コーディーアカデミー(大阪)【定期ドリスク実施】
ラボーナ高山サッカースクール(奈良)【定期ドリスク実施】
柳学園高校(兵庫)【定期ドリスク実施】

その他にも、京都精華学園高校(京都)女子、日ノ本学園高校(兵庫)女子、作陽高校(岡山)女子、帝京長岡高校(新潟)女子など、 多数のチームを指導しています。



三木コーチが提案するドリブルトレーニングは、こんな方におすすめ!

・練習ではできるのに、実戦でうまくドリブルできない方
・正しい動きを身に付けたいジュニア年代の方
・サッカーを始めたばかりでドリブルの基礎を身に付けたい方
・選手の個の力を引き出したいコーチの方
・サッカー経験が少なく指導方法にお困りのコーチの方
・お子さまのためにわかりやすいお手本を探している保護者の方

■私も三木コーチのドリブルトレーニングをお勧めします!


村松尚登
(元 FCバルセロナ・オフィシャルスクールコーチ)

スペインで10年以上指導者として活動し、現在は日本の子ども達に、スペインで学んだ戦術重視のトレーニングや状況判断を重視したプレースタイルを指導しています。

スペインを離れ日本で指導し始めた当初に、指導現場においてぶつかったのが「テクニックのレベルアップ」という壁でした。スペインの戦術重視のトレーニングスタイルは、少なからず選手達のテクニックレベルに左右される部分があるからです。

「日本の子ども達のテクニックレベルをもっと上げるためにはどうすればいいのだろう」と悩んでいたとき、私に多くのヒントと気づきを与えてくださった指導者のひとりが三木さんでした。

三木さんのトレーニングスタイルやノウハウの中で、私が最も共感している点が「身体・動き創り」の部分です。「身体・動き創り」のことを、私は「自分の身体を自分のイメージどおりに動かす能力」と解釈しています。

もちろん、三木さんが提案するリフティングやドリブルなどの様々な課題を通じて「テクニック(=ボールを自由自在に操る能力)」がレベルアップするでしょう。しかし、私がみなさんにオススメしたいのは、その下に隠されている、この「身体・動き創り=自分の身体を自分のイメージどおりに動かす能力」の部分なのです。

なぜなら、この能力は、オフザボールの動きにもディフェンス時に相手からボールを奪う瞬間にも、重要な役割を担うからです。
選手達が、三木さんから与えられる課題の一つ一つに集中し、必死でクリアしていく過程において、少しずつしかし確実に、この能力を習得できるようになっているのです。
このDVDを通じて、日本の多くの子ども達が「自分の身体を自分のイメージ通りに動かす能力」を習得し、より高いレベルでサッカーを満喫できるようになることを期待しています。


内野智章
(興國高校サッカー部監督)

三木さんのドリスクを初めて目の前で見たときに、ボールと体の動くスピードの速さに驚きました。

そして、一定のドリブルの型にはめたり同じフェイントを繰り返したりするのではなく、
ずっと≪動作・身のこなし・ステップスピード≫にこだわったコーチング
をされていて、
ドリブルトレーニングに対する考え方が自分と似ているなと思いました。
実際に指導されている選手達も、ドリブルのフェイントやリズムはそれぞれ違って個性があるけど、みんな上手くて速かったです。

それから月1回ドリスクに来てもらい、自分の指導するチームにもトレーニングメソッドを取り入れさせてもらいました。
その結果、今までもコーディネーションなどの動作にはこだわってやってきましたが、動作のスピードがさらに上がりました。
そして、決してフィジカルが高くない選手達が、フィジカルやカテゴリーが自分たちよりも上の選手達に対して、スピードやテクニックで凌駕するようになりました!


久保吏司
(リーガルJPC代表・事務局/リーガルフットボールスタジアム運営責任者)

このDVDは育成年代に携わる指導者者のみなさま、もっと技術を磨きたい選手、 そしてそのサポートをされている保護者のみなさまに、一度観て考えていただきたい内容となっています。

なぜできないのか、なぜうまくいかないのか、身体の使い方、動かし方など、根本的な原因の追究や、見直しのキッカケになると思います。

ボールを自由自在に操るために、まず自分の身体を自由に動かせること。 様々なコーディネーショントレーニングとボール操作を融合させた、一石二鳥、三鳥トレーニングは、三木さんのトレーニングの代名詞です。

今回のDVDでは、その基本となるトレーニングや考え方が紹介されています。
特別な道具や広いスペースがなくても十分に実践できる内容ですので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。


川元剛
(NPO法人蹴球人代表/デフフットサル男子日本代表監督)

今までの自分の指導者人生を根底から覆されたような衝撃でした。
育成とは?価値とは?
三木コーチとの出会いがなければ、今の自分はないとさえ思っています。
三木コーチのトレーニングは、リフティング練習、コーンドリブル練習ではなく、究極の心・頭・体・技へのアプローチだと思います。

■ドリブルを上達させる『4つのポイント』とは?

三木コーチは、ドリブルを上達させるために必要な『4つのポイント』を提唱しています。

【1】 踏ん張らない「動き創り」



このドリブルトレーニングでまず行うのはリフティングです。
ドリブルで必要なのは「股関節、ヒザ関節、足首」の関節を大きく使えるようになること。
そのためにリフティングで動き作りを行います。

●インサイド = 股関節の内旋運動
●アウトサイド = 股関節の外旋運動
●インステップ = 足首の運動


というように、関節の動きを意識しながらリフティングを行います。
リフティングの練習は、どうしても回数に目が行きがちですが、
このトレーニングで大切なのは、回数よりも動きの部分です。
何回やり直してもいいので、「大きく」「素早く」体を動かすことを重視しておこなってください。

【2】複合的な動作のコーディネーション



当然のことですが、テクニックというものは
「ドリブルだけ」、「パスだけ」、「シュートだけ」を身につけても実戦で使えません。
それぞれのテクニックを複合的に使う「コーディネーション能力」が必要となります。

そのためこのDVDでは、リフティングをしながら

・左右に目線をそらす
・手を叩く
・座ってから立ち上がる
・くるりと一回転する
・地面に両手をタッチする

などの動作を入れていきます。

一見すると、手を叩いたり、地面を両手にタッチするなど、
サッカーとは直接関係のない動作だと感じるかもしれません。
でも実は、「日常生活の中で少ない動作」をあえて加えることが大切なのです。
日常生活にはない複合的な動作のコーディネーションが、
選手の「脳の情報処理能力」を高め、プレーの質を向上させる
のです。

【3】「3のリズム」を意識した練習
立ったり、座ったり。歩いたり、走ったり。
ほとんどの動作は「イチ、ニ」というリズムのくり返しでおこなわれています。
しかし、DFが目の前に立っている場合、2のリズムで動くと、相手がついてきて対応されると抜けなくなります。
一方で、3のリズムは、「イチ、ニ」のタッチで相手が対応したとしてもそれを想定した
次のイメージ・一手を持ち動けるため、簡単に相手を抜けるというわけです。
普段の練習から「3のリズム」を意識することで、
ドリブルでも踏ん張らず、常にフラットな状態をキープできる
ようになります。

▼動画でチェック「3のリズム」(映像はDVDより)


【4】 素早い重心移動
ポイントとなるのは体重移動ではなく、重心移動。
「重心移動」は、肩とヒザ(体軸)が連動し、
出したボールと一緒に体が移動することを言います。
大事なことは、ドリブル練習の中で、常に重心移動を意識させること。
正しく重心移動ができている場合は、体とボールの距離は常に一定になります。
コーンドリブルや1対1の練習の中でも、常に「体の置き所」「ボールの置き所」を意識して、
ボールが体から離れない相手に触られない様にする事
が大切です。

■初心者でもよくわかる!三木コーチによる解説と指導実演

DVD3枚組のボリュームで詳しく解説!
初心者でもすぐに理解でき、実践することができます。

【DISC1】リフティングのトレーニング(収録時間:36分)
「ドリブルが上手くならない」「フェイントがスムーズに行えない」といったことは、「センス」という言葉で片付けられがちですが、上手くならない原因は、実は、「ドリブルのための動き創り」ができていないことにあります。

このディスクでは、下半身の3つの関節(股関節、ヒザ関節、足首)の正しい使い方を習得するためのリフティング練習をご紹介しています。
チーム練習はもちろん、自主練にも取り入れることができます。



▼DISC1 ダイジェスト

  • ドリブルが上手くできない原因とその対処法
  • サッカー技術向上のために必要な要素とは?
  • ウォーミングアップでは、何に注意すべきか?
  • ドリブルの動きを作るための最初のリフティングトレーニング
  • リフティングを教えるとき、指導者が注意すべきポイントとは?
  • インサイドのリフティング、指導のポイントと注意点
  • アウトサイドのリフティング、指導のポイントと注意点
  • インステップのリフティング、指導のポイントと注意点
  • リフティングが苦手な選手は、どういう手順で教えればいいのか?
  • なぜ、リフティングを失敗したとき、「ノーバウンド」でボールを取るのか?
  • ボールをコントロールしながら、足を速く動かすトレーニング
  • 常に体の正面でボールをコントロールするテクニック
  • ボールや相手との距離、空間認知力を上げるトレーニング
  • 脳や目の動きを活発にするリフティングのトレーニング
  • ヘディングのリフティング、指導のポイントと注意点
  • 「3つの異なる動作」をリフティングに取り入れるべき理由
  • ブレない体の軸を作るリフティングのトレーニング
  • どうすれば、広い視野を確保しながらプレーできるのか?
  • なぜ、リフティングのトレーニングは、狭いスペースでやる方が良いのか?

【DISC2】コーディネーション・トレーニング(収録時間:30分)
このディスクでは、「コーディネーション・トレーニング」を取り入れたリフティング練習をご紹介します。
サッカーは、同じ場面二度とないと言われるほど、目まぐるしく戦況が変わります。
つまり、その場、その場の状況に合わせた対応をおこなわなければ、せっかくのチャンスも逆にピンチにしてしまうのです。

状況に合わせたプレーをおこなうための「脳の情報処理能力」や「認知力」のスキルを向上させる複合的なトレーニングを行うことで「目の前がガラ空きなのにドリブルをしない」、逆に「目の前が空いていないのに無理に突破しようとする」などの単純なミスをせず、ピッチにいる選手たちが自分で考え、正しくスキルを発揮することができます。

▼DISC2 ダイジェスト

  • なぜ、コーディネーション・トレーニングが重要になるのか?
  • プレー中の視野を広げるリフティングのトレーニング
  • なぜ、「日常生活にない動作」をリフティングに取り入れるのか?
  • 素早い重心移動を身につけるためのリフティングのトレーニング
  • ボールから視野を切りながらコントロールするテクニック
  • 「チラ見」を入れたリフティングのトレーニング
  • 「手叩き」を入れたリフティングのトレーニング
  • 「座る」、「立つ」動作を入れたリフティングのトレーニング
  • 3種類の動作を入れたリフティングのコーディネーション・トレーニング
  • 肩甲骨やヒザの関節を柔らかくするリフティングのトレーニング
  • なぜ、脳の情報処理能力を高めることが重要なのか?
  • 選手が上手くできない場合には、どう対処すればいいのか?

【DISC3】コーンドリブル・トレーニング(収録時間:75分)
このディスクでは、ボールタッチを屈指して相手を抜くための「ドリブルの基本」をコーンドリブル形式でご紹介しています。
「3のリズム」を習得することでディフェンスのマークにあっていても、逆を突いて抜き去ることができますし、体重移動ではなく「重心移動」を行うことで、3つ目のリズムの時に、一瞬でトップスピードとなり、相手を抜けるようになります。



▼DISC3 ダイジェスト

このディスクでご紹介しているコーンドリブルトレーニングを行うことで、全国にその名を轟かせた「三木流 ドリブルメソッド」の核を会得することができると言っても過言ではありません。
  • コーンドリブル・トレーニングのポイントと注意点
  • 体重が乗ってしまい、素早く動けなくなるのを防ぐ方法
  • 「3のリズム」を意識することで、ドリブルは、どう変わるのか?
  • ボールを前に運ぶことと、足を速く動かすこと。どちらを優先すべきか?
  • ドリブル力を向上させる3種類のダブルタッチ・トレーニング
  • ダブルタッチ・トレーニングで注意すべき3つのポイントとは?
  • 股関節を使った、幅の大きいダブルタッチのテクニック
  • 相手を抜くドリブルと、横に外すドリブルの違い
  • 肩とヒザを連動させて動き、素早く重心移動するテクニック
  • 足の回転率を上げるコーンドリブル・トレーニング
  • 常に両足を動かせる重心を意識するには?
  • 素早い重心移動を身につけるためのコーンドリブル・トレーニング
  • 体が先行しても、ボールとの距離を一定に保つテクニック
  • 重心移動をマスターする「3種類のインロール&アウトロール」ドリル
  • ボールに力を伝えるときは、叩く、押し出す、どちらが正解か?
  • 相手が止まった瞬間に逆を取るドリブルテクニック
  • クライフターンから、アウトサイドをしやすい位置にボールを置くトレーニング

■日本サッカーの未来のための「個」の育成~三木コーチからのメッセージ~

今回、あなたにお伝えするドリブル指導法は、
「世の中にたくさんある指導理論の中のひとつ」に過ぎません。

ですから、「これが正解」という絶対的なものでもなければ、
「これだけやればドリブルは完璧」と言えるものでもありません。

言うなれば、私が、指導者として20年以上子どもたちとかかわり、
その経験から導き出したひとつの答えです。

「上手い、下手」ではなく、「体が動かないから上手くプレーできない」。
「踏ん張らない」ことで、ドリブルはどんどん上手くなる。

このような考え方もあるということを知っていただければ、
指導者として、サッカーの見方も大きく変わってくると思います。

ですから、ただDVDの指導法をマネするだけでなく、
どんどんあなたのアレンジを加えていってください。
そうすることで、もっと良い練習法になっていくはずです。

ぜひ、今回お伝えするドリブル指導法で、「個」を育成し、
次の年代に送り出したときにも通用する、
素晴らしい選手を育ててください。

三木 利章

講師/サッカー指導者 三木利章
販売元/株式会社Real Style
メーカー希望小売価格/16,980円(税込)
※商品の汚損・破損・故障等がなく、お客様のご都合での返品はお受けしておりませんので、ご注文の際には十分ご確認いただきますようお願い申し上げます。

「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド~ドリブルが巧くなる!動き創り&リズムの習得~リアルスタイル

16,980円(税込)
数量

先頭へ